凸凹 皮膚科 レーザー

肌の凸凹改善には皮膚科やレーザー治療が必要?料金的にはセルフケア!

肌の凸凹改善には皮膚科やレーザー治療が必要?料金的にはセルフケア!

ニキビ跡や過去の炎症によるデコボコ肌。皮膚科でレーザー治療を行えば、キレイなスベスベ肌になれるのかな?とお悩みではありませんか?

 

美容クリニックだけではなく、最近は皮膚科でもレーザーによる肌の治療が行われています。

 

基本的にクリニックも皮膚科もレーザーによる治療は保険診療とならないため、料金が高くなりがち。またレーザー治療には様々な種類があり、そのレーザー治療が自分の肌に合うかどうか、という不安点もあります。

 

またレーザーの照射によってニキビの跡は改善されるかどうか、痛みはあるのかなど、気になる点も多いのではないでしょうか?

 

この記事では、皮膚科でのレーザー治療の方法と料金、そしてデコボコ肌は改善できるのかどうかなどを解説していきます。

 

レーザー照射でのデコボコ肌改善は最終手段!

レーザー照射でのデコボコ肌改善は最終手段!

最近では、ニキビの跡などによる肌のデコボコを改善するために、様々なレーザー治療が皮膚科でも展開されています。

 

そのためクレーター状の肌やしこり、ミミズ腫れなど様々なデコボコ肌の要因となるものに対して、レーザー治療において消すことができる、と言われています。

 

レーザーによる治療の基本は「皮膚の組織にダメージを与え、デコボコとなってしまっている皮膚細胞の生まれ変わりを促すもの」です。つまり、無理やりターンオーバーを促し強化する、という策です。

 

ですから、皮膚科において、レーザー照射によるデコボコ肌の治療は「最終手段」と捉えたほうがよいでしょう。

 

さらに、皮膚科によって導入している機械が異なるのはもちろんですが、施術をする方の技術によっても結果が大きく左右されます。

 

レーザー治療の参考料金。

皮膚科で行われるレーザー治療は大きく分けると4種類のレーザーがあります。それぞれの特徴と料金は下記を参考にしてください。

 

1.フラクセルレーザー。

  • 1か月に1度ペースで4,5回以上の施術が必要。
  • 肌表面に0.1o程度の小さな穴を無数にあけて皮膚細胞の入れ替えを行う。
  • 1回あたり(頬の場合)・・・30,000円〜50,000円

 

2.ブリッジセラピー(アンコア)。

  • フラクセルレーザーと基本的に同じレーザーで、ブリッジセラピーでは炭酸ガスレーザーを使い点状に照射。
  • より早く皮膚細胞の入れ替えを行う方法。
  • 1回あたり(頬の場合)・・・80,000円〜100,000円

 

3.炭酸ガス(Co2レーザー)。

  • 水分に吸収されやすいレーザーをクレーターの角に対して当て、角を削るように表面を滑らかにしてデコボコを目立たなくする方法。
  • 治療後は肌の多くの部分がかさぶた状態となるため、2〜4週間はガーゼなどの保護が必要。
  • 1回あたり・・・10,000円〜30,000円

 

4.クールタッチレーザー。

  • 通常のレーザーを照射するのと同時に−30℃の冷却ガスを噴射することで、肌を必要以上に傷つけることなく受けられる方法。
  • 1回あたり(頬の場合)30,000円〜60,000円

 

このように「料金が高い!」ことだけではなく、当然ですが、レーザー治療を受けたからといって、そのまま丸投げというわけではなく、術後には、自宅でガーゼの交換や、スキンケアなどをきちんと行わなければなりません。

 

レーザー後の赤みや痛みがとれるまでは、1,2週間位はかかるため、その間は外出時は、日焼け止めをぬったり、マスクしたり、日焼け止め対策は必須です。

レーザー治療によるリスク。

レーザー治療をする際には、その特性やリスクも知っておかなければなりません。

 

すべてをクリニック任せにしては、結局デコボコ肌を治すことはできませんので、必要な知識を備えた上でケア方法や施術の判断を行いましょう。

 

病院によって当たりハズレがある。

レーザー治療によるリスク。病院によって当たりハズレがある。

最新技術を使って行われるレーザー治療ですが、完全にデコボコが消えるとはいかずとも、かなりキレイに改善されることと思います。

 

しかし、病院やクリニックによって手法は様々であり、機器も最新なのかどうかということによっても効果が大きく異なることや、いろいろな国のレーザー治療器もあります。

 

一番問題なのは、専門とするクリニックや美容整形の病院はたくさんありますが、どの病院を選べばよいのかがわからないということ。

 

病院によって当たりハズレがあるのはレーザー治療に関しても同じで、最も怖いことは、かえってニキビ跡が悪化するリスクの可能性があることです。

 

例えば、フラクセルレーザーやブリッジセラピーは皮膚に小さな穴を無数に開ける手法ですが、穴を開ければ、当然のことながら周辺の組織が傷つくもの。この部分をきちんと説明している皮膚科は少ないのではないでしょうか。

 

デコボコ肌が消えるまでの通院期間が長い。

レーザー治療によるリスク。通院期間が長い。

クリニックでのデコボコ肌改善は、金銭面と治療期間い関して、良心的とは言えません。

 

高いお金を払って何か月も通い、キレイな肌になるまで、なんと1年もかかってしまうことも多くあります。

 

1回の料金が一番安くて1万円だとして、できるのは500円玉程度の大きさ。回数も50回かかることも。つまり本格的にデコボコ肌を改善できるまで、50万〜100万円はかかる!というのがレーザー治療の難点です。

 

治療後に痛みや赤みが出るのを覚悟しよう。

レーザー治療によるリスク。痛みや赤みが出る。

施術中はもちろん、施術後の痛みも多少は覚悟が必要です。

 

ダウンタイムと呼ばれる「治療をしてから完治するまでの期間」において、治療開始した最初の1,2週間は、痛みや赤みがかなり起こるため、マスクを常時つけていなければならないほど。

 

そこまではできないし、そこまで時間をかけてお金をかけて失敗するかもしれないリスクを抱えるくらいであれば、まずは自宅でできる超音波美顔器やターンオーバーを促進する化粧水を使い、デコボコ肌をゆっくりと自然な形でケアするほうが無難と言えるでしょう。

自宅で可能!超コスパ良しのセルフケアでデコボコ肌を改善!

自宅で可能!超コスパ良しのセルフケアでデコボコ肌を改善!

レーザー治療を行う前に、まずは自宅でできるセルフケアにトライしてみませんか?

 

デコボコ肌は、専用の化粧水や美顔器などで行うセルフケアでも、十分満足できるレベルまでなくすことが可能です。

 

デコボコ肌をキレイな肌に改善するためには、レーザー治療でも行われている「ターンオーバーの促進」が必要。

 

といっても、不自然な形でターンオーバーを早めると、肌の深層部分の細胞が未熟なまま表皮にまで出てきてしまいますから、ターンオーバーにおいて肌の力を活性化させることのほうが大切です。

 

これらの策は、すべてセルフケアで行うことができます。

 

ターンオーバーの活性化を行いデコボコ肌の深層の細胞に働きかけ、ターンオーバーで再生された肌が徐々に修復させる役割を果たす化粧水があります。それがリプロスキン。

 

これを使えば、ターンオーバーによって肌が生まれ変わるたび徐々にキレイな素肌に修復され、表皮に現れるようになります。

 

→顔の凸凹を治すターンオーバーの起こし方。
→リプロスキンの詳細。

 

デコボコそのものをやわらげ、平らにしていく超音波美顔器でのケア。

自宅で可能!超コスパ良しのセルフケアでデコボコ肌を改善!

また、デコボコ肌を改善するために必須のアイテムとなるのが超音波美顔器エステナードソニック。

 

デコボコな肌は肌細胞自体がデコボコとなり固められているため、エステナードソニックが行う毎秒800万回の超音波振動によって肌を柔らかくし、平らな肌に修正しやすくなります。

 

次に表に出る肌をできるだけ平らにしていくことでデコボコ肌の改善が可能。

 

レーザー治療を考える前に、まずはリプロスキンで肌のターンオーバーを活性化させ、合わせてエステナードソニックで肌細胞に働きかけるケアを行うのがオススメ!

 

どちらもデコボコ肌トラブルのある方に人気のアイテムで、毎日しっかりと使い続けることで、必ず肌に変化が見えてきます。

 

リプロスキンとエステナードソニックを利用すればダウンタイムもなく、痛みや赤みにおびえてマスクをつけなくても毎日健やかに過ごすことができます。

 

→超音波美顔器エステナードソニックの詳細。

セルフケアを行えば、肌のターンオーバーごとに、少しずつ肌に変化が見られる。

セルフケアを行えば、肌のターンオーバーごとに、少しずつ肌に変化が見られる。

肌のターンオーバーは一般的に28日周期、と言われています。ですから、ここまで紹介したセルフケアを行っていけば、28日ごとに肌がキレイにスベスベとなっていくと考えて良いでしょう。

 

クリニックで行う施術も、セルフケアも、デコボコ肌を消すためにはそれなりの時間が必要。それをあらかじめ頭に入れておきながら、じっくりデコボコ改善を進めていきましょう。

 

肌が徐々にキレイになってゆく実感をあなたも得てくださいね!

 

当サイトではデコボコ肌を治す具体的な策、また即効でデコボコ肌を隠せるメイク術など、デコボコ肌改善に必要なあらゆる知識を紹介しております。ぜひお役立てください!

 

>>デコボコ肌改善辞典!トップ<<

 

肌の凸凹改善には皮膚科やレーザー治療が必要?セルフケアのほうがオススメ!→復習!

  • レーザー照射での治療の基本は、ターンオーバーを人工的に起こして肌細胞を一度壊し再生させること。
  • 料金は安くなく、必ずしも完治するとも限らない。
  • 病院、クリニックにより当たり外れが大きい。
  • ダウンタイム中は皮膚の痛み、赤みが発生し、その治療は長期間かかる。
  • 同じ長期間であれば、自宅でターンオーバーを活性化させる化粧水と超音波美顔器でケアをしていくほうがコスパ良く、ストレスもたまらない。
  • オススメはリプロスキンでターンオーバーの活性化、超音波美顔器エステナードソニックで肌を平らに修整すること!