凸凹 ファンデーション メイク

肌の凸凹をカバーするファンデーションの選び方と塗り方。

肌の凸凹をカバーするファンデーションの選び方と塗り方。

デコボコな肌は一度できてしまうとなかなか治らず、またメイクで隠そうにも、上手く隠れず一苦労・・・。

 

デコボコのクレーター部分にファンデーションが入り込んでダマになっちゃうし、ファンデーションはよれるし、化粧乗り自体が悪い!

 

このように、メイクをするたびに溜息をつきたくなってしまうことも多いのではないでしょうか?

 

逆に上手くメイクでデコボコ肌を隠すことができたら、外出するときにも楽しい気持ちで出かけることができますよね!

 

そこでこのページでは、

  • デコボコ肌だから化粧乗りが悪い。
  • デコボコ肌がメイクで上手に隠れない。

と困っているアナタに、デコボコ肌でも上手にメイクできるコツをお届けします。

 

ファンデの前に!デコボコ肌をメイクで上手に隠すためには化粧下地が重要!

肌の凸凹をカバーするファンデーションの選び方と塗り方。

しっかりと隠す部分は隠し、あくまでも素肌っぽくメイクを仕上げるのは、本当に難しいですよね。

 

そのためにも重要なのが、化粧下地でありベースメイクです。

 

ベースメイクを適当にしてしまうと、デコボコ部分が気になるあまり厚塗りになってしまったり、メイクが崩れやすくなってしまいます。

 

毛穴で肌に穴が開いていたり、クレーター状となっているデコボコ肌の場合には、へこんでいる部分にファンデーションが埋まると、そこにファンデーションが詰まってその部分だけ濃くなったり。またそれを隠そうと厚塗りをすると、顔全体が不自然な状態になってしまいます。

 

そういったことにならないためにも化粧下地は非常に大切。

 

肌のデコボコや、毛穴の開きによる穴などはファンデーションで隠すのではなく、ファンデーションを塗る前に、化粧下地で肌のデコボコを平らにすることが重要ポイント。

 

化粧下地は面倒だからと怠ってしまうと、肌がデコボコしたままでファンデーションを塗ってもデコボコ肌が隠れることはありません。

 

さらに毛穴にファンデーションが埋まってダマになってしまったり、よれてしまって「メイク慣れしていない人がメイクした」ような状態になってしまいます。

 

ファンデーションをつける前に、必ず化粧下地を付けるのが、デコボコ肌をカバーする上での基本となります。

 

デコボコ肌を埋めるメイクには、専用の化粧下地、シルキーカバーオイルブロックがオススメです。

 

→肌の凸凹をパテのように埋める化粧下地の紹介!
→シルキーカバーオイルブロックの詳細。

 

面倒な場合、リキッドタイプのファンデーションがとても便利!

肌の凸凹をカバーするファンデーションの選び方と塗り方。

化粧下地をみっちり塗って凸凹を平らにする工程が面倒な場合、リキッドタイプのファンデーションを使うとても有効な策。

 

リキッドタイプのファンデーションはカバー力も高く、化粧下地と同じように凸凹をパテのように埋めてくれる役割も果たしてくれます。

 

ニキビ跡によるクレーターはもちろん、毛穴の陥没や肌荒れによる跡も、しっかりとカバー。

 

脂性肌の人にとっては多少のべたつき感はあるかもしれませんが、液状なので肌にしっかりと浸透し、フィット感やカバー力は抜群に高く、軽度のデコボコ肌なら十分に隠すことが可能です。

 

フィット感・カバー力に+美容成分配合のリキッドファンデーションを選ぶ!

肌の凸凹をカバーするファンデーションの選び方と塗り方。コーセー澄肌CCクリーム。

通常、リキッドファンデーションはトラブル肌への使用はNGと言われております。それだけ肌馴染みが良いから、敏感肌に影響を与えてしまう、ということ。

 

しかし敏感肌、トラブル肌でも使用できるリキッドファンデーションがあるので、これを使用すれば大丈夫。具体的には、コーセー澄肌CCクリームが一番のオススメです。

 

澄肌CCクリームには、ファンデーション自体に美容成分が配合されているので、メイク中の肌もしっかりとサポート。

 

メイクをすることでデコボコ肌が悪化してしまったら元も子もありませんが、澄肌CCクリームなら肌を傷めることがありません。

 

また澄肌CCクリームは化粧下地の役割もあるので、軽い肌のへこみや、デコボコ肌の場合には、これ1本あれば化粧下地なしでカバーできます。

 

※肌のクレーター状態やデコボコがひどい場合には、肌のへこみを埋める機能を果たしてくれるシルキーカバーオイルブロックを利用してから澄肌CCクリームを塗れば、デコボコ肌のメイクは万全です。

 

→コーセー澄肌CCクリームの詳細。

 

コーセー澄肌CCクリームの使い方。

コーセー澄肌CCクリームはファンデーションだけではなく、化粧下地の役割も果たしてくれます。軽度な肌のデコボコは澄肌CCクリームを塗るだけで隠すことが可能です。

 

メイクをするときには、澄肌CCクリームを中指と薬指の2本につけ、頬の中央から外側に向かって塗るようにしましょう。おでこや、首筋など、顔と他の部位の境目部分は、伸ばすようにつけるようにすると自然な仕上がりになります。

 

肌がデコボコ状態となっている部分には、新たに澄肌CCクリームを出して塗るのではなく、徐々に細かい部分へと伸ばしながら、クレーター状態の部分を埋めてゆくと自然に凸凹が見えにくい肌に仕上がります。

 

仕上げには、スポンジを使って肌を軽くポンポンと押していけばキレイに馴染み、メイク肌が完了です。

 

なお、大きな凹凸やクレーター状態がある場合には、これだけでは不十分なのが現状。

 

そこで化粧下地のシルキーカバーオイルブロックを塗り、肌を平らにしてから澄肌CCクリームを塗ると良いでしょう。

 

シルキーカバーオイルブロックで重症なボコボコ肌をナチュラルメイクに!

肌の凸凹をカバーするファンデーションの選び方と塗り方。シルキーカバーオイルブロック。

軽度な肌のへこみくらいであれば、コーセー澄肌CCクリームのみでOKですが、大きなデコボコや傷跡などがある場合には、パテ効果のある化粧下地で強力にクレーターを埋める必要があります。

 

その際は、化粧下地シルキーカバーオイルブロックを使うのが必須。

 

肌の凹みやデコボコに対して、まるでパテのように肌のくぼみを埋めることができ、一見ボコボコな肌だったとは思えないほど、おうとつのない仕上がりを作ることができます。

 

シルキーカバーオイルブロックを塗ったあと、その上から澄肌CCクリームを塗れば完璧!接近しても、ボコボコな肌とはわからないほどのメイクを施すことができます。

 

シルキーカバーオイルブロックの使い方。

シルキーカバーオイルブロックはニキビ跡や傷跡を隠すためのメイク下地として使用します。メイクの際は、一番最初に塗るようにしてください。

 

クリームを顔の各所に小分けして置いて、顔全体的に塗っていきます。少し多目の量で塗ることで、凹みやクレーターに対してしっかりと埋まり、パテのような効果を果たします。

 

かなり大きな傷跡などでも分量を上手に調整すれば、キレイににカバーできるでしょう。

 

その上から澄肌CCクリームを塗れば、凸凹な肌とはわからないようなナチュラルメイクの完成です。

 

化粧下地を2つも使用して大丈夫?

澄肌CCクリームとシルキーカバーオイルブロックの2アイテムを用意すれば、どんなにひどい凸凹肌でも、安心してメイクすることができます。

 

しかし「2つも下地を塗ることで肌への負担はないかしら?」と心配してしまう人もいらっしゃいます。

 

しかし、シルキーカバーオイルブロックも澄肌CCクリームも、たっぷりと美容成分を配合しているため、メイク中でも肌を傷めることがないのが魅力です。

 

シルキーカバーオイルブロックは、ナチュラルメイクにも使える下地。

シルキーカバーオイルブロックは元々、スッピンに近いナチュラルメイク用に作られた化粧下地。クリームの性質から、スッピン肌そのままの状態に近いナチュラルメイクができます。

メイクで隠すだけではなく、デコボコ肌そのものを治すケアも!

メイクで隠すだけではなく、デコボコ肌そのものを治すケアも!

この記事では、肌のデコボコを上手に隠すファンデーションの使い方とメイク方法をご紹介させていただきました。

 

デコボコ肌をメイクで上手に隠す技も重要ですが、合わせて根本から改善を行ってゆくことにも目を向けてみましょう。デコボコ肌そのもののがなくなれば、コンプレックスから解放され、日々の精神面でもとても前向きになれるはずです。

 

ぜひこれを機に、デコボコ肌そのもののケアも行っていきましょう。

 

トップページでは、デコボコ肌の原因をタイプ別にし、肌の改善方法や、改善につながる商品をご紹介しております。ぜひ参考になさってみてくださいね。

 

>>デコボコ肌改善辞典!トップ<<

 

肌の凸凹をカバーするファンデーションの選び方と塗り方。→復習!

  • デコボコ肌を隠すメイクには、化粧下地が必須アイテム
  • 軽いデコボコ肌には、リキッドファンデーションで凸凹を埋めるメイクでカバーが可能。
  • オススメのリキッドファンデーションは、澄肌CCクリーム。
  • 重度のデコボコ肌や深い傷跡がある場合には、ヘコミを埋める化粧下地を使用する。
  • オススメはシルキーカバーオイルブロック。
  • シルキーカバーオイルブロックの上から澄肌CCクリームを塗れば、重症デコボコ肌でもカバーできる。
  • メイクで隠すだけではなく、デコボコ肌そのものを治すことで、コンプレックスから完全に解放される。